大谷翔平 2打数1安打1打点、同点犠飛でチームの3連勝に貢献

[ 2019年7月15日 08:37 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―3マリナーズ ( 2019年7月14日    アナハイム )

<エンゼルス・マリナーズ>5回無死満塁から同点の左犠飛を放つエンゼルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)は14日(日本時間15日)、本拠地アナハイムでのマリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。5回に同点犠飛を放つなど2打数1安打1打点。チームは6―3で勝利し、3連勝で貯金2とした。

 マ軍先発は母校・花巻東高の3学年先輩にあたる菊池雄星投手(28)。初回2死の第1打席は四球、3回1死からの第2打席は、2ボール2ストライクから外角スライダーに空振り三振だった。菊池と米初対決となった6月8日(同9日)の同カード(アナハイム)では、6号ソロを放つなど3打数2安打と打ち込んでいた。

 マ軍2番手の右腕・カラシティと対戦した1点を追う5回無死満塁での第3打席では、1ストライクから同点の左犠飛。これがメジャー100打点目となった。4番手で元日本ハムの右腕・バスと対戦した7回2死の第4打席は1ボール2ストライクから内角スライダーを一塁強襲安打した。

 前日13日(同14日)の同カードでは、2三振を喫するなど3打数無安打1四球で、連続試合安打が「8」でストップしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース