【神奈川】横須賀総合が2年ぶり3回戦進出 シード校終盤突き放す

[ 2019年7月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 神奈川大会2回戦   横須賀総合6―5麻溝台 ( 2019年7月14日    大和 )

<横須賀総合・麻溝台>8回1死二、三塁からショート強襲の決勝打を放った海老原
Photo By スポニチ

 横須賀総合(神奈川)はシードの麻溝台を終盤に突き放して2年ぶりの3回戦進出を決めた。同点の8回1死二、三塁で海老原がショート強襲の内野安打を放ち「自分が決めてやるという気持ちで打席に立った。転がせばなんとかなると思っていた」と笑顔を見せた。

 横須賀市で唯一の市立。過去最高はベスト8だが、高橋謙友監督は「冬を越えてきたチーム」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース