【京都】龍谷大平安・奥村満塁弾「正直狙ってました」、兄のヤクルト展征に負けん

[ 2019年7月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 京都大会3回戦   龍谷大平安12―2日星(7回コールド) ( 2019年7月14日    わかさスタジアム京都 )

<日星・龍谷大平安>4回、左越えに満塁本塁打を放つ龍谷大平安・奥村 (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 龍谷大平安(京都)2年連続での夏の甲子園へ、12安打12得点で日星に7回コールド勝ち。3―2で迎えた4回にヤクルト・奥村展征内野手の弟、真大内野手(2年)が満塁本塁打を放つなど、3本の本塁打を集めて7得点し、一気に相手を突き放した。

 2球目を左越えに運んだ一発は高校通算8号。「(満塁弾は)初めて。打てるという自信はあったし、(本塁打を)正直狙っていました」と話した。ベンチに戻った奥村に、原田英彦監督もグータッチで迎えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース