ロッテ・石川が勝利の方程式入り 「中継ぎは難しいけど」2戦連続ホールド

[ 2019年7月15日 19:29 ]

パ・リーグ   西武5―6ロッテ ( 2019年7月15日    メットライフD )

<西・ロ>ロッテ3番手の石川(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 開幕投手を任された石川が、1点差の8回に登板。2死一、二塁のピンチを招いたが、無失点で2試合連続ホールドを記録した。

 6月に右肘違和感で出場選手登録抹消。不調もあり、登録された10日からは救援へ回っていた。前回は3点差の5回に登板したが、今回は僅差。「緊張しました。中継ぎは難しいけど、先発にこだわりはない。頑張りたい」と振り返った。

 井口監督は「8回で行こうと思う。(状態は)もっと上がってくると思います」と勝利の方程式に組み込む方針を口にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース