【秋田】あと一歩…雄物川 昨夏準Vチームに大善戦 2年生エース渡部“遅カーブ”で幻惑

[ 2019年7月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 秋田大会2回戦   雄物川4―5金足農 ( 2019年7月14日    能代 )

<金足農・雄物川>あと一歩まで追いつめた雄物川の2年生エース渡部(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 雄物川(秋田)は軟投派の2年生エース・渡部が80キロ台後半のカーブを駆使。最後まで昨夏の甲子園準優勝校を苦しめた。

 逆転された9回は「それまでと違った動き(バスターエンドラン)に対応できなかった。抑えられなくて悔しい。みんな金足農が勝つと思っていたと思うけど、自分たちは負けると思っていなかった」。

 部員16人。3年生9人が抜けると、唯一の2年生の渡部と1年生6人だけになるが「野球は続ける」と目を真っ赤にして先を見ていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース