巨人・桜井「自分で操れたらいい球」新球シュートで燕封じ誓う

[ 2019年7月15日 05:30 ]

投内連携でマウンドに立つ桜井(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 巨人の桜井が、15日のヤクルト戦先発に備えてキャッチボールなどで調整した。

 7回無失点と好投した前回9日の阪神戦からシュートを駆使。それまでは直球がナチュラルにシュート回転していたが、「自分で操れたらいい球になる」と意識的に投げてから、投球の幅が広がった。習得した新球でツバメ打線も封じる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース