【西東京】日大三大苦戦もドラ1候補・井上が救った…勝ち越し呼ぶ無失点救援

[ 2019年7月15日 15:21 ]

第101回全国高校野球選手権西東京大会 2回戦   日大三4―1桐朋 ( 2019年7月15日    ダイワハウス八王子 )

7回2死からマウンドに上がり、2回1/3を無失点に抑えた日大三・井上
Photo By スポニチ

 まさかの大苦戦も、日大三が勝ちきった。

 序盤から桐朋のペースで試合は進んだ。日大三の先発・柳舘憲吾投手(3年)は無失点も、毎回の投手を背負う展開で3回降板。打線も原陸人投手(3年)の前に5回まで散発3安打と打ちあぐねた。5回になんとか先制点を奪うも、6回にはすぐに同点に並ばれる。会場は桐朋が押せ押せの雰囲気だった。

 空気を一変させたのが、今秋ドラフト1位候補のエース・井上広輝投手(3年)だ。7回2死一塁でマウンドに上がると、5番を三振に斬り無失点。その裏にチームは2つの押し出し四死球で勝ち越しに成功した。8回には2死満塁のピンチを背負うも、井上はここでも三振を奪いピンチを脱出。小倉全由監督も、「あそこでしっかりアウトを獲れたのが大きかった」と称えた。

 全国各地で優勝候補が早々に姿を消す波乱が起きる中、「(波乱が起きる雰囲気があって)嫌だなと思って、早めに継投しよう。逆転される前に返せるうちに代えようと思った」と小倉監督。初戦からエースを起用する早めの継投が功を奏した。

 甲子園でベスト4になった昨夏も、初戦は序盤に3点を失う展開で苦戦した。2年連続の聖地を目指し、ここから日大三の夏が始まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース