【兵庫】報徳学園 第1シード撃破!継投で逃げ切った

[ 2019年7月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 兵庫大会2回戦   報徳学園2―1市西宮 ( 2019年7月14日    ほっと神戸 )

<報徳学園・市西宮> 2番手で登板した報徳学園・林は9回のピンチを抑え切るとガッツポーズしながら吠えた (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 報徳学園(兵庫)は接戦で第1シードの市西宮を下した。1―1の7回2死一塁、2番・大崎の右中間二塁打で勝ち越すと、先発・坂口からエース・林への継投で逃げ切った。

 大角健二監督は「ロースコアで踏ん張れるのは成長したところ。そこは褒めたい」と笑顔で汗を拭う。決勝打の大崎は11日のフレッシュオールスターでMVPを獲得したOBの小園(広島)からLINEで激励されたことを明かし「小園さんには何も及ばないけど、自分のやれることをやって、勝ちに貢献したい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース