阪神・ガルシア 6回2失点で3勝目お預け

[ 2019年7月15日 20:36 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年7月15日    ナゴヤD )

<中・神>阪神先発のガルシア(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神先発のガルシアが古巣・中日との初対戦に臨み6回7安打2失点と試合をつくって降板した。

 初回は平田、大島に連打を浴びて一、二塁のピンチを背負ったが、ビシエドの適時二塁打の1点でしのぐと、2回から5回は無失点。しかし、1点リードの6回2死からアルモンテに右越えソロ本塁打を打たれて、同点に追いつかれた。6月2日広島戦以来の3勝目はお預けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース