薗部、勝ち越し満塁弾!JR東日本東北が初戦突破

[ 2019年7月15日 16:32 ]

第90回都市対抗野球大会第3日 2回戦   JR東日本東北7―1信越硬式野球クラブ ( 2019年7月15日    東京ドーム )

<JR東日本東北・信越公式野球クラブ>6回無死満塁、左越え満塁本塁打を放ったJR東日本東北・薗部はガッツポーズで本塁に向かう(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 創部100周年を迎えたJR東日本東北が薗部優也捕手の満弾で初戦を突破した。

 同点で迎えた6回の攻撃だった。大保優真、鈴木聖歩の連打と四球で無死満塁のチャンスを築くと、5番薗部が1―1からのストレートを会心のスイング。打球は左翼席に飛び込む一発となった。8回にも4番石黒凌(日本製紙石巻)が右翼席へ試合を決定づける2ランを放って応援席は沸きに沸いた。

 投げては“完全試合男”西村祐太をリリーフした斎藤侑真(日本製紙石巻)が好投。就任2年目の西村亮監督に白星をプレゼントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース