【東東京】関東第一、3年ぶり聖地へ11安打猛攻圧勝 平川サイクル惜しい

[ 2019年7月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会3回戦   関東第一14―2都葛飾野(5回コールド) ( 2019年7月14日    神宮 )

 関東第一(東東京)が3年ぶりの夏の甲子園へ11安打の猛攻で都葛飾野を下して初戦を突破した。

 3番平川があと本塁打でサイクルとなる3安打。初回1死二塁からは相手左腕が投じた初球を逆方向へ先制の左翼線適時二塁打。「左投手が苦手だったが逆方向を意識して練習してきた成果」と喜んだ。高校通算57本塁打した1学年先輩の石橋(現中日)も一目置く左打者で「おまえが打撃で引っ張れ」と激励されたという。「自信を持ってやっていきたい」と手応えを口にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース