ロッテ・レアード 逆転25号2ラン 後半戦での巻き返しへ「アシタモ、ガンバリマ~ス!」 

[ 2019年7月15日 18:09 ]

パ・リーグ   ロッテ6―5西武 ( 2019年7月15日    メットライフドーム )

ロッテサイト用<西・ロ15>寿司ポーズで喜びをアピールするレアード(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテのブランドン・レアード内野手(31)が15日、敵地・西武戦に「4番・三塁」で先発出場。1点ビハインドの7回に逆転となる今季25号2ランを放ち、チームの勝利に貢献した。

 試合後、レアードは逆転弾の場面について「マーティン投手は非常にいい投手なので、なんとかしっかり打とうと打席に入った」と振り返った。

 打った感触については「本当に感触良く、いいところでホームランが出た」と笑顔。シーズン後半を白星発進し、勝率5割に復帰し「後半戦の頭(初戦)でこの1勝は大きい」と安堵の表情で語った。

 5位で折り返した前半戦からの巻き返しについては「(シーズンを)最後までしっかりと戦って上位を目指したい」と気を引き締めた。

 最後は「スシ、ダイスキ。アシタモ、ガンバリマ~ス!」と日本語で締めくくり、球場を笑いに包んだ。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース