中日・松坂、16日阪神戦で今季初登板初先発濃厚「しっかりゲームをつくる」

[ 2019年7月15日 05:30 ]

練習を引き揚げる松坂
Photo By スポニチ

 16日の阪神戦での今季初登板初先発が濃厚となっている中日・松坂が、ナゴヤドームで行われた全体練習に参加。ブルペンで投球練習を行うなど最終調整した。

 「相手がどこだろうと関係ない。僕がやることはできるだけ長いイニングを投げて、しっかりゲームをつくること」

 絶えない笑顔が、順調さを物語る。投球練習後、外野付近で与田監督と談笑する場面も見られた。報道陣から阪神打線で警戒する打者を問われると「僕、タイガース戦なんですか?」とけむに巻いた。

 春季キャンプでファンに腕を引っ張られ右肩炎症を発症。アクシデントを乗り越え、2軍では4試合18イニングを投げ防御率2・00と結果を残してきた。昨季6勝のうち3勝を挙げた好相性の阪神戦。舞台は整った。

 “平成の怪物”と呼ばれる原点となった、令和初の夏の高校野球地方大会は真っ盛り。「高ぶり?まだないですね。当日じゃないですか」。伝説がよみがえる季節に、新時代での第一歩がいよいよ記される。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース