ヤマハ激闘制し3年ぶり勝利 延長10回、矢幡主将V打

[ 2019年7月15日 05:30 ]

第90回都市対抗野球第2日 1回戦   ヤマハ2―1七十七銀行 ( 2019年7月14日    東京D )

<七十七銀行・ヤマハ>10回2死二塁 適時二塁打を放ちガッツポーズするヤマハ・矢幡 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤマハが接戦を制し、3年ぶりの勝利を挙げた。延長10回に主将・矢幡が決勝の二塁打。「抜けてくれと思って走りました」。苦しかった試合に決着をつけ、気持ち良さそうに汗を拭った。室田信正監督は、三塁内野席から外野、3階席まで入った1万人を超える大応援団に「ありがとうございます」と頭を下げた。

 流れを呼び込んだのは6回無死一塁から救援した変則左腕・九谷の力投。4イニングを無安打に抑え「経験の浅い選手が多いから、僕らがカバーしないと。2年間出られなかった悔しさをぶつけようと話していた」と感慨深げだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース