習志野応援に近隣クレーム 高野連、ボリューム下げ要請

[ 2019年3月29日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第6日 2回戦   習志野3―1星稜 ( 2019年3月28日    甲子園 )

<星稜・習志野>試合に勝利した習志野ナインは大歓声の応援団にあいさつする(撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 習志野の三塁側アルプス席を埋めた大応援団の声援が大きすぎると近隣住民からクレームが寄せられ、日本高野連が試合途中に音量を小さくするよう、習志野側に要請する一幕もあった。

 近隣住民から甲子園球場に複数の苦情が寄せられたため、太鼓の音を小さくするよう、協力を呼び掛け、応援団も応じた。竹中事務局長は「応援に関する手引も確認したが、違反はない。これまで聞いたことがない出来事」と苦笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース