熊本西 霜上、相手打線に脱帽「全国トップの力を知れた」

[ 2019年3月29日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第6日 1回戦   熊本西2―13智弁和歌山 ( 2019年3月28日    甲子園 )

<熊本西・智弁和歌山>3回、逆転を許す熊本西・霜上(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 熊本西は先発で主将の霜上が打ち込まれた。先制した直後の3回に4連打などで4失点。4回も7点を失い「2巡目で食らいついてこられた。(コースに)決まった球も打たれた」と智弁和歌山打線に脱帽した。21世紀枠で初出場も大敗。8回からマウンドを譲って一塁守備に入り、9回途中に再び登板したエースは「全国トップの力を知れた。もう一回帰ってきたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース