マエケン 尾頭付きのタイで開幕迎える「いよいよだなという気持ち」

[ 2019年3月29日 19:47 ]

 ドジャースの前田健太投手(30)が28日(日本時間29日)、30日(同31日午前10時10分開始)のダイヤモンドバックス戦先発に備え、本拠地ドジャースタジアムでキャッチボールなどで調整した。前日は尾頭付きのタイを食べたといい「投げないけど、開幕というのはそれなりに緊張感を感じる。いよいよだなという気持ち」と話した。

 今季からクラブハウスのロッカーは両サイドが空いている広々使える場所に変更。エースのカーショー、守護神ジャンセンら中心選手に限られている特権をゲットし、メジャー4年目を迎える。「ドジャースはそんなに入れ替わりが多い方ではないけど、自分より経験の少ない選手が増えてきたりとか。本当に仲の良い年下の選手ができたりしている」。

 通訳、トレーナーなど“チーム前田”も一新。不便はなく「自分でできることも増えてきたので、そういう意味ではすごく楽。今までは全部聞いて回っていたけど、年々リズムもつかめてきた。英語も話せるし(笑)。大丈夫」と頼もしかった。試合はド軍が開幕戦記録の8本塁打を放ち、12―5でダイヤモンドバックスに快勝した。(ロサンゼルス・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース