星稜 奥川散る「もっと練習しないと」、完投10Kも無援

[ 2019年3月29日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第6日 2回戦   星稜1―3習志野 ( 2019年3月28日    甲子園 )

<星稜・習志野>習志野に敗れグラウンドを去る奥川(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 大会No・1投手の呼び声が高かった星稜・奥川は2回戦で姿を消した。133球を投げ、3失点で2試合連続完投。2試合連続の2桁となる10奪三振も援護に恵まれず「悔しい。もっと練習をしないといけない」と自ら責任を背負い込んだ。

 17奪三振で完封した開幕日の履正社(大阪)戦から中4日。体に少し重さを感じていたという。自己最速151キロを計測した前回から2キロ減の149キロ。さらに林監督が習志野のサイン盗みを疑い、試合途中からバッテリー間でのサインが変わった。いつもと違うリズムになり、伝達ミスによる捕逸もあった。エースは「この悔しい気持ちをバネに練習をして、夏にここに戻ってきて優勝したい」と雪辱を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース