原監督 いざ4年ぶり舞台へ「高ぶるというか、荒ぶる」

[ 2019年3月29日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2019年3月29日    マツダ )

<巨人練習>グランド入りする原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 4年ぶりに復帰した巨人・原監督は「開幕というのは我々にとって一番めでたい。非常に高ぶるというか、荒ぶる」と表現した。

 3連覇中の王者広島との開幕カードに「いずれ戦う相手ですから。最初の挑戦者としては非常に素晴らしい相手。横一線からスタートできる」。丸、坂本勇、岡本ら以外にもリーダー意識を持った選手の出現を期待し、「2通りなのか3通りなのか」と攻撃の幅をつくる。東日本大震災のあった11年を除けば、指揮官としては初めて関東以外で開幕戦を迎える。「家だと験担ぎみたいなものはありますけどね。郷に従います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース