ロッテ酒居、開幕戦史上初の1球勝利投手「1点もやれないという気持ちで投げた」

[ 2019年3月29日 21:41 ]

パ・リーグ   ロッテ5―4楽天 ( 2019年3月29日    ZOZOマリン )

ロッテの酒居
Photo By スポニチ

 ロッテ・酒居が開幕戦史上初の1球勝利を達成した。

 先発の石川が2点を勝ち越された直後の6回2死一、三塁から2番手でマウンドに上がった酒居。初球にセーフティーバントを試みた楽天・嶋の打球を処理し、1球でこの回を切り抜けた。

 すると直後の攻撃でレアードが逆転3ラン。7回は左腕の松永にスイッチし、8回を唐川、9回を益田がリレー。酒居が1球で勝利投手となった。

 開幕戦ではプロ野球史上初の1球勝利投手。お立ち台で「もう1点もやれないという気持ちで投げた。143試合のうちのたった1勝。これからも勝ちにつながる投球にしたい」と気持ちを引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月29日のニュース