阪神のドラ1・近本 プロ初安打は貴重な同点のタイムリー三塁打

[ 2019年3月29日 20:00 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年3月29日    京セラD )

<神・ヤ>6回、近本は右中間に適時三塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司(24)が初戦でいきなり魅せた。

 「2番・中堅」で先発出場。1点を追う6回、2死から打席に立ったドラフト3位・木浪が遊撃への強いゴロを放つと、広岡がファンブルして出塁に成功(記録は失策)。続く同1位・近本が続いた。初球を完璧に捉えて右中間を真っ二つに破り、同点の適時三塁打。自身3打席目で飛び出したプロ初安打は、貴重な貴重な同点打となった。

 ここまで抑え込まれたいたヤクルト先発・小川から待望の1点をもぎとり、試合を振り出しに戻した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース