規則でサイン盗み禁止 疑いある場合も注意のみ、罰則なし

[ 2019年3月29日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第6日 2回戦   星稜1―3習志野 ( 2019年3月28日    甲子園 )

<星稜・習志野>4回、二塁走者の疑わしい動きについて集まる審判団 左は星稜・奥川、中央は山瀬(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 高校野球では周知徹底事項として「サイン盗み」を禁止している。今大会の規則にも「走者やベースコーチなどが、捕手のサインを見て打者にコースや球種を伝える行為を禁止する。もしこのような疑いがあるとき、審判員はタイムをかけ、当該選手と攻撃側ベンチに注意をし、止めさせる」と書かれている。罰則を科すことはない。

 また、プロ野球でもセ・パ両リーグともにアグリーメントに「ベンチ内、ベースコーチ、走者から打者に対して球種等の伝達は行わない」と記している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース