習志野 奥川対策ズバリ、角田が殊勲打「決めるしかないと」

[ 2019年3月29日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第6日 2回戦   習志野3―1星稜 ( 2019年3月28日    甲子園 )

<星稜・習志野>7回2死二塁、習志野・角田の打球が三塁手の後逸を誘い逆転する(撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 千葉・習志野が奥川を攻略した。同点の7回2死二塁から角田の三塁線への打球が失策を誘い、勝ち越すなど7安打で3得点。殊勲の角田は「決めるしかないと思った」と振り返った。

 奥川対策で、試合前の2日間は投本間より約4メートル近い距離で球速145キロのマシン打撃。内角球が少ないデータから短く持ったバットが外角に届くよう、各打者が本塁側寄りのラインに立った。守りでは「奇襲継投」で1失点のみ。昨秋公式戦登板1試合のみの下手投げの岩沢を先発起用した小林監督は「猫だましですよ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース