村上 プロ2年目で開幕先発へ!ヤクルト高卒野手55年ぶり最速タイ

[ 2019年3月29日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2019年3月29日    京セラD大阪 )

<ヤクルト練習>フリー打撃をする村上(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上が29日の阪神との開幕戦(京セラドーム)で「6番・三塁」で先発することが決まった。敵地での練習前、ミーティングで小川監督から通達され「スタメンに抜てきされた以上、自分の力を出してチームの勝利に貢献できるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 打撃練習では44スイング中、9本の柵越えを披露。そのうち2本を5階席まで飛ばし、長距離砲としての力を見せつけた。球団の高卒2年目野手の開幕スタメンは64年の高山忠克以来、55年ぶり6人目の最速タイ記録だが、本塁打を打った選手はまだいない。「とにかく球に食らいついて、一打席ごとに内容にこだわっていきたい」と謙虚な中でも、球団史上初の偉業への準備をしっかり整えた。

 小川監督は「彼にとってはプロとしての第一歩みたいなもの。自分らしさを出してほしいし、期待しています」。19歳の力を加え15年以来、4年ぶりの優勝へスタートダッシュする。(黒野 有仁)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース