高卒2年目のオリックス・西浦 うれしいプロ初打点

[ 2019年3月29日 20:32 ]

パ・リーグ   オリックス―日本ハム ( 2019年3月29日    札幌D )

<日・オ>4回1死一、三塁、追加点となる適時打を放つ西浦(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 オリックスの西浦がうれしいプロ初打点を挙げた。

 2―1の4回、1死一、三塁で、上沢の低めのチェンジアップを見事にすくい、左前に落ちる適時打。「追い込まれていましたし、何とかバットに当てて三振だけはしないようにと思っていました。失点したすぐのイニングだったので、追加点を取ることができてよかったです。良いところに飛んでくれました」と喜んだ。

 新人だった昨年にプロ初安打を記録したが、高卒2年目の19歳で開幕スタメンを奪い、初打点もマーク。しっかりと成長の跡を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース