ソフトバンク延長制す!デスパイネがサヨナラ打 ドラ1甲斐野が白星デビュー

[ 2019年3月29日 23:00 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―4西武 ( 2019年3月29日    ヤフオクD )

<ソ・西>5回2死二塁、左越え適時二塁打を放ったデスパイネ(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは延長にまでもつれた開幕戦をデスパイネのサヨナラ打で制した。

 先発の千賀は6回3安打無失点と好投するも、4-0とリードした8回に3番手の加治屋が山川に起死回生の同点満塁弾を浴び白星はつかず。4―4のまま試合は延長戦へと突入。

 6番手のドラフト1位ルーキー甲斐野が延長戦からマウンドに上がると2回1安打無失点の好投。プロ初登板ながら5つの三振を奪う活躍を見せた。

 11回には無死一、二塁のチャンスにデスパイネが登場。西武6番手のヒースから左翼フェンス直撃のサヨナラ打を放ち試合を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース