ロッテ・加藤 今季初打席で1号「この日を半年待った」

[ 2019年3月29日 19:50 ]

パ・リーグ   ロッテ―楽天 ( ZOZOマリン )

<ロ・楽>1回 1死 ソロ本塁打を放ちガッツポーズするロッテ・加藤 (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 ロッテの7年目・加藤翔平外野手(27)が1回の第1打席で今季1号を右翼席に叩き込んだ。

 17年9月24日の日本ハム戦以来(ZOZOマリン)の一発に「打ったのはカーブです。チームも個人も去年は悔しい思いをした。この日を半年待ったので、その思いを晴らせるように頑張るだけです」とコメントした。

 2回に逆転を許したが、4回には中村奨が右翼席に1号同点弾。昨季、両リーグ最少のチーム本塁打78本の打線が、開幕戦から本塁打を量産した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース