ソフトBデスパがサヨナラ打「前の打席で結果を出せなかったので」

[ 2019年3月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―4西武 ( 2019年3月29日    ヤフオクD )

11回無死一、二塁、サヨナラ適時打を放ったデスパイネ(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 4番に座ったソフトバンクのデスパイネがサヨナラ打を放った。延長11回無死一、二塁から左中間フェンス直撃の一打を放ち、試合を終わらせた。「前の打席で結果を出せなかったので、集中してランナーを還そうと思った」と振り返った。工藤監督は「こういう展開になったが、ベンチが一つになった。勢いのつく1勝」と称えた。

▼ソフトバンク・今宮(3安打で今季初の猛打賞)良い形でタイミングが取れている。自分の良いモチベーションのままゲームに入れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース