巨人・丸「結果が出なかったので悔しい」古巣・広島との開幕戦は屈辱の4打席4三振

[ 2019年3月29日 21:39 ]

セ・リーグ   巨人0―5広島 ( 2019年3月29日    マツダ )

<広・巨>8回1死一、二塁丸は4打席連続三振に倒れる(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)は古巣・広島との開幕戦に「3番・中堅」で先発出場。初の開幕投手を務めた広島・大瀬良大地投手(28)から初回、4回、6回、8回と4打席連続で三振に斬って取られた。

 1死一塁で迎えた初回の第1打席は、カウント1ボール2ストライクからの4球目、内角低めカットボールへのハーフスイングが空振りと判定され、三振。0―1で迎えた4回には先頭打者として打席に入ると、フルカウントからの6球目、外角高めのカットボールを見逃し、三振に仕留められた。そして、再び先頭打者として打席に入った6回には、1ボール2ストライクからの4球目。大瀬良がこの試合で初めて投じた外角のカーブにバットが空を切った。1点が遠い巨人・原監督は8回、7回1失点好投の菅野に代えて代打・阿部を起用。阿部が倒れた後、吉川尚、坂本勇の連打で1死一塁のチャンスで丸に第4打席が回った。だが、結果はカウント1ボール2ストライクからの4球目、外角低めに決まった直球を見逃して三振に終わった。

 丸は試合後「結果が出なかったので悔しい」と語り、大瀬良については「いい球が来ていた。その中で甘い球を仕留めることができなかった」と脱帽。「明日は切り替えてやっていきたい」と語った。 打席後には、広島時代からのルーティーンである、メモを取った丸。「次は自分の中で考えをまとめて対戦できれば。切り替えてまた明日」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース