日本ハム・斎藤佑樹 開幕戦で無失点投球 中田の延長サヨナラ満塁弾呼び込む

[ 2019年3月29日 22:17 ]

パ・リーグ   日本ハム7―3オリックス ( 2019年3月29日    札幌D )

<日・オ>8回に登板した斎藤佑(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 日本ハムの斎藤佑樹投手(30)がオリックスとの開幕戦で8回から3番手として登板。1回1安打無失点に抑えた。

 斎藤は1―3で迎えた8回に登板。自らの暴投もあり、2死三塁とピンチを招いたが、安達のセーフティーバントを自らさばいてチェンジ。

 その裏、打線が近藤の2点適時打で3―3の同点に追いつくと、延長10回には中田がサヨナラ満塁弾を放ち、チームは開幕を白星発進。結果的には斎藤が投げた後に追いつき、最後は劇的な勝利。“持っている”ところを見せつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月29日のニュース