明石家さんま マツコと制作費10万円の番組から出演オファーされ「この2人のテレビギャラ知ってる?」

[ 2023年1月29日 18:21 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレント・明石家さんま(67)が29日放送のTBS「週刊さんまとマツコ」(日曜後1・30)に出演。ゲストに他番組への出演をオファーされる場面があった。

 番組では、通販やコンサート事業を展開する「夢グループ」の石田重廣社長と、同社長とテレビCMで共演する歌手・保科有里がゲスト出演。「夢グループが目論むマルチメディア戦略&夢健康ランドの実態!」と題して、TikTok投稿やテレビ番組への出演、制作など石田社長が推し進めるマルチメディア戦略を紹介。

 同社はテレビ局の放送枠を1クール分購入し、地方で客が来なくて困っているというお店を訪ね、石田社長や保科らの力で集客する「夢と…未来へ」という番組を制作。これに対し、進行役のお笑いコンビ「麒麟」の川島明からは「やってることはTBSの潰れない店とか、テレ東の愛の貧乏脱出大作戦を完全にオマージュした内容」「しかもこのロケVTR、社長自らが見ておかしいなと思ったらポンと(VTRを)止めて鋭いツッコミを言うという…全部(他番組の要素を)吸収します!」と声が上がった。

 番組の制作費は1本10万円で、週に1回深夜と早朝に秋田県と新潟県で放送中だといい、石田社長から「是非さんまさんとマツコさんにも出演していただきたいなと思って、今日はそのためにお願いに来ています」「(出演料は)出来高払い!」と出演オファーされたさんまが「この2人のテレビギャラ知ってる?」「よっしゃあ!出来高は任せとけ!」と回答すると、スタジオは笑いに包まれた。

続きを表示

2023年1月29日のニュース