「どうする家康」ネット衝撃 ビンタ&顎クイ!岡田信長 大河でも“格闘振付”松潤元康と自宅で相撲特訓

[ 2023年1月29日 20:45 ]

大河ドラマ「どうする家康」第4話。松平元康との盟約に織田信長(岡田准一・左)は…(C)NHK
Photo By 提供写真

 嵐の松本潤(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「どうする家康」(日曜後8・00)は29日、第4話が放送され、主人公・松平元康(のちの徳川家康)が織田信長との再会を果たした。元康と信長による相撲という名の本格的な“異種格闘技”シーンがインターネット上で話題に。格闘技に精通している信長役の俳優・岡田准一(42)がアクションの“振付”を担当。松本が岡田の自宅を訪れ、相撲の練習をしたことも明かした。

 <※以下、ネタバレ有>

 「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」シリーズなどのヒット作を生み続ける古沢良太氏がオリジナル脚本を手掛ける大河ドラマ62作目。弱小国・三河の主は、いかにして戦国の世を生き抜き、天下統一を成し遂げたのか。江戸幕府初代将軍を単独主役にした大河は1983年「徳川家康」以来、実に40年ぶり。令和版にアップデートした新たな家康像を描く。古沢氏は大河脚本初挑戦。松本は大河“初出演”にして初主演となる。

 第4話は「清須でどうする!」。永禄5年(1562年)1月、松平元康(松本潤)は織田信長(岡田准一)が待つ尾張・清須城に到着し…という展開。

 織田の人質だった幼き頃以来の対面。信長より先に頭を下げても名乗ってもいけないと鳥居忠吉(イッセー尾形)に忠告されたが、元康は「松平蔵人佐元康にござりまする」。信長は「織田上総介信長である」と威厳たっぷりに応じた。

 再会のあいさつ代わりの相撲。竹垣(竹柵)に囲われた“異種格闘技”。信長の“右ラリアット”を食らったものの、元康は反撃し“巴投げ”。最後は信長に軍配が上がったが、信長は「それでよい」と元康の闘志を認めた。

 松平は織田と盟約を結ぶ。元康は三河と尾張の国境、そして今川との和議を提案した。信長は元康の首に数回“右チョップ”をした後、強烈なビンタ。「情で自らを滅ぼすか。(顎クイをし)いまだ白兎か。今川は滅ぼせ。よいな」――。両家の結びつきを強めるため、妹・お市の方(北川景子)を娶(めと)れと命じた。

 2007年のドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の構想段階から本格的に格闘技を習いだした岡田。棒やナイフを使うフィリピン武術「カリ」、香港のアクションスター、ブルース・リーが創始した「ジークンドー」、総合格闘技「修斗」のインストラクター資格を持つ。壮絶なアクションシーンを披露した映画「ザ・ファブル」シリーズ(19、21年)はファイトコレオグラファー、「ヘルドッグス」(22年)は技闘デザインを兼任した。

 第4話の相撲シーンについては「子どもの頃から、肉体的にも精神的にも家康にトラウマを植え付けるのが信長なので、その象徴的なシーンですよね。このシーンは、演出側から振付をお願いされたので、大河ドラマで動きを付けるなんて考えてもみませんでしたが、お引き受けしました。台本にも『総合格闘技のように』と書かれていて、新たなチャレンジという意味でも担当させていただきました」と述懐。

 既に回想シーンで竹千代(家康の幼少期)を投げ飛ばしていたが「子役の川口和空くんと松本潤くん、それぞれかなり特訓してもらいました」と明かし「もちろん安全面には気を付けていましたが、特に川口くんに対して、あんなにハードな動きでいいのかということも不安に思っていて。でも、あのシーンが終わった後、川口くんは『アクションが楽しかった、アクションができる役者になりたい』と言ってくれたので、結果的には良かったなと思っています。少し教えるとすぐにできるようになって、成長スピードが早かったです。単に振りを入れるだけではなく『動きに捉われすぎずに、感情が出るのを大切にしよう。そこはサポートするから』という話もしていましたが、それもよく理解して演じていました。一緒にやっていて、僕も楽しかったですね」と川口を称えた。

 松本については「相撲シーンを練習したいということで、うちまで来て練習したことがありました」と明かし「僕が振りを付けるからこそ、より完璧にやりたいというのも言ってくれていました。このシーンや僕に限らずですが、『やりにくい部分はないか』なども含めて、松本くんは役者の皆さんともよくお話をされているんですよね。主演として申し分ない気遣い、細やかさ、丁寧さがあって頼りになりますし、僕自身も芝居においてぶつかりやすいです」と後輩が頼もしい。

 SNS上には「これは相撲というより総合格闘技(笑)」「どう見ても異種格闘技金網デスマッチw」「ジャニーズ同士によるガチバトル」「闘魂注入ビンタかな?」「首手刀トンドンからのビンタからの顎クイからの肩ポンとは、とんでもないコンボ」などの声も。岡田を相手に体を張った松本の本気度や“岡田信長”の威圧感&顎クイに衝撃が走った。

続きを表示

この記事のフォト

2023年1月29日のニュース