「どうする家康」大河の先輩・岡田准一「微力ながら」松本潤サポート誓う!「軍師官兵衛」竹中直人に感謝

[ 2023年1月29日 20:45 ]

大河ドラマ「どうする家康」第4話。 松平元康(松本潤・左)と織田信長(岡田准一)の盟約は…(C)NHK
Photo By 提供写真

 嵐の松本潤(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「どうする家康」(日曜後8・00)は29日、第4話が放送され、主人公・松平元康(のちの徳川家康)が織田信長との再会を果たした。初回(1月8日)の初登場シーンからSNS上で反響を呼び続ける信長役の俳優・岡田准一(42)がジャニーズ事務所の後輩・松本との共演などについて語った。

 <※以下、ネタバレ有>

 「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」シリーズなどのヒット作を生み続ける古沢良太氏がオリジナル脚本を手掛ける大河ドラマ62作目。弱小国・三河の主は、いかにして戦国の世を生き抜き、天下統一を成し遂げたのか。江戸幕府初代将軍を単独主役にした大河は1983年「徳川家康」以来、実に40年ぶり。令和版にアップデートした新たな家康像を描く。古沢氏は大河脚本初挑戦。松本は大河“初出演”にして初主演となる。

 ――織田信長役について

 「オファーをお受けした時から、制作陣からは『長年大河ドラマを愛してくださっているファンを大切にしながらも、家族で見られる新しい大河ドラマをつくりたい、挑戦したい』という話をうかがってきました。僕自身も、時代劇の可能性や時代劇を演じていく意味、これまでの時代劇をどう超えていけるかを日々模索していますが、信長は破格の人物なので『こんな時代劇があっても良いじゃないか』ということを身をもって提案できる役柄だと思っています。人気の戦国武将ですし、圧倒的な存在なので、演じる上でハードルの高さはあります。でも、今作ではあくまで“家康にとっての信長”というキャラクター。家康との関係性が軸にあるからこそ、人間味も見せていきたいですし、強さも脆さも魅力も、家康がいるからこそ、より立体的に見えるキャラクターにできたらと思っています」

 ――松本潤との共演について

 「僕が主演を経験させていただいた『軍師官兵衛』(2014年)では、大河ドラマ経験者の先輩として、竹中直人さんが近くで支えてくださいました。竹中さんには本当に感謝しかないんです。なので今回は、大河の先輩として、微力ながら松本くんを支えられたらということは思っています。大河だから、時代劇だからと小さく収めようとせずに、自由にやることの大切さも、竹中さんから教えていただけたことです。収録が始まってしばらくは、大河ドラマ出演自体が初めてという松本くんに対して、自由に芝居する部分を見せようというのも意識しています」

続きを表示

この記事のフォト

2023年1月29日のニュース