TEAM NACSリーダー森崎博之 大泉洋らは東京で活躍も北海道を拠点とするワケ「もしメンバーが…」

[ 2023年1月29日 16:35 ]

森崎博之

 人気演劇ユニット「TEAM NACS」のリーダーで俳優の森崎博之(51)が28日放送のTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)にゲスト出演。北海道を拠点とすることへの思いを語った。

 森崎は北海道を拠点に俳優、タレント以外にも北海道農業の応援団長として精力的に活動している。自身と大泉洋、安田顕、戸次重幸、音尾琢真の俳優5人で結成されたTEAM NACSについては「結成してもう26年かなあ」と告白。「大学の演劇部の先輩後輩で、僕が一番年上だったんで、ただ僕がリーダーっていう。ま、5人がなんかいつもつるむようになったんですよね」と説明した。

 TEAM NACSは森崎と安田が大学を卒業するタイミングで「1回だけユニット組んで演劇やらないか?」と話して誕生し公演を行った。その後森崎は就職し東京で1年働いたものの、TEAM NACSでの公演が「なんか賞を取りまして。それで授賞式に来てくれって言われた時に、“もの凄い後ろ髪引かれちゃってる、今”と思って北海道に戻ったんです」とTEAM NACSで活動していくことを決意したとした。

 その後大泉らは東京で活動をするようになったが、その際にTEAM NACSをどうするかという話し合いはしたのかと問われると、「しました」と回答。番組MCの「極楽とんぼ」加藤浩次が「森崎さんは北海道大好きで。そこは絶対変わんないし。TEAM NACSを続けるために、森崎さんは北海道を活動の拠点にするって決めたんですか?」と尋ねると、森崎は「僕ら5人で描く5角形っていうのは、いろんな方向に振ってた方がいいと思ってて」と告白。「なんか1人ぐらい北海道で農業やってるやつがいた方が面白いかな、と思うし、もしですよ、そんなことないですけど、もしメンバーが“疲れたな”と思って帰ってきたら“おお、よく来たな、一緒に農業やろうぜ”とは言いたいなと思います」と続けた。

 加藤は「すげーわ、そこか。やっぱり」と感動すると、森崎は「かっこいいっすね。そう言っていただけると」と照れたように話した。

続きを表示

2023年1月29日のニュース