慶大・増居翔太が最優秀投手賞「自分の力を出し切る思いで臨んだ」

[ 2021年6月13日 18:11 ]

第70回全日本大学野球選手権・決勝   慶大13―2福井工大 ( 2021年6月13日    神宮 )

<全日本大学選手権決勝 慶大・福井工大>優勝を決め喜ぶ慶大の(左から)首位打者賞の渡部遼、MVPの正木、最優秀投手賞の増居 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 決勝に先発した慶大・増居翔太投手(3年・彦根東)が今大会2勝を挙げ、最優秀投手賞を獲得した。決勝は6回3安打2失点の粘投に「いろいろな人のサポートでここまで来られた。一人一人、自分の力を出し切る思いで臨んだ。6回まで気を抜くことなく投げられた」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース