明日への希望 広島・鈴木誠が68打席ぶり、復帰後初の一発「とにかく勝ちたい」

[ 2021年6月13日 18:50 ]

交流戦   広島8ー9オリックス ( 2021年6月13日    京セラD )

<オ・広(3)>8回1死、本塁打を放ち生還する広島・鈴木誠(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠也外野手(26)が一振りで打線を活気付けた。4―8の8回1死、富山からバックスクリーンに8号ソロ。本塁打は5月3日巨人戦(マツダ)以来、出場16試合、68打席ぶり。5月20日のPCR検査で新型コロナウイルス陽性判定を受け、自宅療養、2軍戦出場を経て、6月6日楽天戦から1軍復帰。復帰後初本塁打となった。

 打線は鈴木誠の一発に呼応し、9回に3点差を追いついた。最終的に痛恨のサヨナラ負けを喫したが、主砲の復調は今後に向け、何よりも心強い材料だ。「チームが勝っていないので、とにかく勝ちたいです。何とか得点圏で打てるように」と勝利に直結する一発を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース