メッツ・デグロム 6回零封6勝目で防御率0・56!打っても今季打率4割

[ 2021年6月13日 02:30 ]

ナ・リーグ   メッツ3ー2パドレス ( 2021年6月11日    ニューヨーク )

<メッツ・パドレス>6回無失点で6勝目を挙げたデグロム(AP)
Photo By AP

 メッツの剛腕デグロムが今季10試合目の先発。「二刀流」で今季6勝目を挙げ、防御率は驚異の0・56となった。最速100・8マイル(約162キロ)の直球を軸に6回1安打無失点で10奪三振。今季61回2/3で100奪三振に到達し、投本間が現在の距離になった1893年以降最速となった。打っては5回、左前2点適時打。「いいスイングができた。打てる球が来て良かった」。

 今季は25打数10安打で打率4割。右屈筋腱炎の影響で早めの降板も「大事を取った。休まず次の先発もできると思う」と軽症を強調した。(杉浦 大介通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月13日のニュース