上武大・ブライト 悔し準決勝敗退…「今日から秋に向けてやっていく」

[ 2021年6月13日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権・準決勝   上武大6―10慶大 ( 2021年6月12日    神宮 )

<上武大・慶大>準決勝敗退の上武大・ブライト(右奥)はあいさつで悔しげな表情。左は慶大・正木(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 上武大は、8年ぶりの決勝進出はならなかった。8回に一時同点となる中前適時打を放った4番・ブライトは「チームを勝たせることができなかった」と悔やんだ。

 今大会は2本塁打を放ち中堅守備でも好守を連発。スカウト陣の評価は上がったが「守備もバッティングもまだまだ。課題を克服しないと。今日から秋に向けてやっていく」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース