中日、交流戦初優勝逃す 今季初先発・岡野6失点KO 打線も1~4番がノーヒットで完敗

[ 2021年6月13日 05:30 ]

交流戦   中日3ー7西武 ( 2021年6月12日    メットライフD )

<西・中>初回1死満塁、スパンジェンバーグ(左)に走者一掃の適時三塁打を打たれた岡野(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 中日が交流戦初優勝を逃した。今季初登板だった先発の岡野が4回6失点で初黒星。立ち上がりに2失策の拙守も絡み、5安打で6点を失い「初回の入りが大量失点という形になってしまったので、しっかり修正したい」と悔しさをにじませた。

 打線も1~4番の上位打線が無安打に終わり、与田監督は「点が入らないときはそういう形になる。とにかく明日、勝つこと。それだけ」と交流戦白星締めを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース