広島・高橋昂 連敗ストップへ自然体の左腕「自分のできることでチームに貢献を」

[ 2021年6月13日 05:30 ]

交流戦   広島2ー3オリックス ( 2021年6月12日    京セラ )

広島・高橋昂      
Photo By スポニチ

 連敗の悪循環は5年目左腕が断ち切る。13日のオリックス戦に先発する広島・高橋昂は「力感なく投げられることが自分の長所。それができれば制球やボールの走りが変わってくる」と話した。

 19年の左肘トミー・ジョン手術を乗り越え、4月24日巨人戦で3年ぶり勝利を挙げるなど復活を遂げた今季。交流戦優勝を決めた好調チームを相手に回し、「自分のできることを目指し、その結果、チームに貢献できればいいかなと思う」と自然体で挑む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月13日のニュース