福岡大 好機であと一本が出ず 堀監督無念「1点が遠かった」

[ 2021年6月13日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権・準決勝   福岡大0―2福井工大 ( 2021年6月12日    神宮 )

<福岡大・福井工大>初の決勝進出を逃した福岡大ナインはガックリ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 福岡大は初の準決勝で最後まで食い下がったが、好機であと一本が出ず、投手陣を援護できなかった。就任3年目の堀壮太監督は「初めて全国で3勝できたけど…。1点が遠かった」と無念そうにつぶやいた。

 10日の準々決勝で遊撃守備中、右肩を脱臼した主将・永江は、ベンチで声出し役に徹し「自分が出られない分、他の選手が頑張ってくれた」とねぎらった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース