広島・菊池涼がバックスクリーンへ今季3本目の先頭打者弾 6連敗中のチームにカツ「たまたまです」

[ 2021年6月13日 13:09 ]

交流戦   オリックス―広島 ( 2021年6月13日    京セラD )

<オ・広(3>広島・菊池涼は先頭打者本塁打を放つ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 広島・菊池涼介内野手(31)が一振りでオリックスとの3連戦で初めて先制点をチームにもたらした。

 初回、先頭打者として打席に入ると、カウント1―1からオリックス先発・増井の147キロ直球を強振。打球は伸びを見せ、バックスクリーンへと飛び込む6号先制ソロとなった。今季の6本塁打のうち、3本が先頭打者本塁打。「たまたまです。いい先制点になって良かったです」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース