阪神・佐藤輝への祖父・勲さんの深い愛情 孫の堂々たる活躍に大喜びも、心配は尽きません

[ 2021年6月13日 05:30 ]

交流戦   阪神9ー1楽天 ( 2021年6月12日    楽天生命パーク )

ヒーローインタビュー中の佐藤輝に手を振る祖父・勲さんと祖母・美智恵さん
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】阪神・佐藤輝の祖父母も大喜びだった。祖母・美智恵さん(82)は「おじいちゃんに恩返ししている。(野球を)教えてもらったから」と感無量の表情で、祖父・勲さん(82)も「教えたかいがありました。田中君から打ったんだから、スゴいことですよね」と目を細めた。

 仙台での3連戦が始まる前、勲さんから聞いた言葉が印象的だった。「端的に言えば、できすぎじゃないですかね。果たしてこのままずっと継続できるのかな…って。人間ですから上がり下がりがあるんで、下がったときにどう対処するのかな。毎日テレビで見ているんですが、その辺が心配ですね」。堂々の活躍でも心配が尽きない。孫に寄せる深い愛情が伝わってきた。

 大学4年だった昨年はコロナ下で観戦機会が限られた。以前のように毎試合は見られなかった中、10月18日の関大戦で目の当たりにした関西学生リーグ新記録の14号にひときわ感動していた。歴戦の田中将から描いたアーチは同じか、それ以上に胸を熱くさせる1本になったに違いない。(阪神担当・阪井 日向)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月13日のニュース