【平良と一問一答】開幕から32試合連続無失点 新記録達成の記念球は「自分でもっときます」

[ 2021年6月13日 16:39 ]

交流戦   西武4ー3中日 ( 2021年6月13日    メットライフD )

<西・中3>開幕から32試合連続無失点の日本プロ野球新記録を達成し、無表情のままガッツポーズする平良(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の平良海馬投手(21)が13日、中日戦(メットライフドーム)の9回に登板し無失点。今季6セーブ目を挙げ、開幕から32試合連続無失点とプロ野球新記録を樹立。試合後、“大事”な記念球については「自分でもっときます」 と明かした。

 試合後の一問一答は以下の通り。

―先頭を出したが焦りはなかったか
「はい、大丈夫です。なかったです」

―だんだんギアが上がっていく感じがしたが
「今日は球数投げてたと思うので、あったまってきました」

―1点リードは一番しびれる展開か
「打たれたら同点になるので、一番気合い入ります」

―最後三振はこん身の一球
「よかったコースだと思います」

―今回新記録。投げる度に数字言われますが
「ちょっと多いですよね、それ。何回もあって」

―日本記録だったりあるが、あまり触れない方がいいか
「そうですね、もういいんじゃないかなって思います」

―チームへの貢献
「0点で抑えることが100%仕事だと思うので、そうしていきたいです」

―ボールは
「どうもしないです。自分でもっときます」

―飾りませんよね
「はい!」

―ブルペンからマウンドに向かう間、選手から声かけられたか
「いつも頑張れって声かけてもらうので、いつも通りです」

―捕手とは
「ランナー出たので、あぶなかったなあみたいな感じでした」

―おめでとうは
「それも言ってもらいました」

―呉が勝ち越し打。気持ち的には
「そうですね、でも同点でも勝ってても投げるなら0点って気持ちは変わらないです」

―ボールは家に
「ロッカーに置いておきます」

―いずれどうなるか分からない
「はい、そうですね」

―堂上から三振。直球待ちで、変化球で三振とった。理想的な形か
「あ~スライダーで。はい。空振ってくれたので、いい球だったんじゃないかなって思います」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月13日のニュース