慶大・渡部遼人が首位打者「仲間のおかげ」

[ 2021年6月13日 18:10 ]

第70回全日本大学野球選手権・決勝   慶大13―2福井工大 ( 2021年6月13日    神宮 )

<全日本大学選手権決勝 慶大・福井工大>優勝を決め喜ぶ慶大の(左から)首位打者賞の渡部遼、MVPの正木、最優秀投手賞の増居 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 慶大の渡部遼人外野手(4年・桐光学園)が4試合で16打数9安打、打率・563をマークし、首位打者となった。

 「まず日本一を獲ることができて素直に嬉しいです。リーグ戦からこの大会を通して、チームの勝利に少しでも貢献できたことが何よりもうれしいです。また、日本一という結果の中に首位打者を獲得することができた価値は、自分にとって大きな自信になりました。この賞を頂けたのも、優勝することができたのも、メンバーのサポートや打撃投手を務めてくれた仲間のおかげです。明日からまた秋に向けて準備していきたいと思います」と喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース