「初3番」の広島・小園が適時二塁打 1カ月ぶりの打点「走者を返せて良かった」

[ 2021年6月13日 14:30 ]

交流戦   オリックス―広島 ( 2021年6月13日    京セラD )

<オ・広(3)>2回、2死一、三塁から右翼線に適時二塁打を放つ広島・小園(撮影・成瀬鉄)             
Photo By スポニチ

 広島・小園海斗内野手(21)が自身初の3番でスタメン出場し、1カ月ぶりとなる打点を記録した。

 3―2の2回2死一、三塁、オリックス先発・増井のフォークボールを捉え、一塁線を破る適時二塁打を放った。5月14日DeNA戦(マツダ)以来の今季8打点目。「いいところを抜けてくれました。走者を返すことができて良かったです」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月13日のニュース