慶大15安打13得点V 2ストライクアプローチ徹底でゼロ三振 福井章吾主将「積み上げたことができた」

[ 2021年6月13日 18:17 ]

第70回全日本大学野球選手権・決勝   慶大13―2福井工大 ( 2021年6月13日    神宮 )

<全日本大学野球選手権決勝 福井工大・慶大>優勝し喜ぶ慶大ナイン(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 慶大打線が15安打で13得点を奪い、初の決勝進出となった福井工大を圧倒した。

 福井章吾主将は「好球必打や2ストライクアプローチ。簡単にアウトにならないように、積み上げたことができた」と胸を張った。決勝では史上最多得点を奪う猛打の一方、三振はゼロ。各打者が追い込まれても粘りの打撃を徹底した証だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月13日のニュース