ケイン・コスギが日本ハム―DeNA戦の始球式 投球はショートバウンドも90キロをマーク

[ 2021年6月13日 14:44 ]

<交流戦 日・D(3)>始球式をするケイン・コスギ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 13日の日本ハム―DeNA戦(札幌ドーム)は「ファイト イッパーツ! リポビタンデー」と題して開催され、大正製薬の「リポビタンDX」のCMに出演する俳優のケイン・コスギ(46)が始球式を務めた。

 「デッドボールだけは当てないようにしたい」と気にかけていただけに投球はDeNA・桑原の外角へ外れるショートバウンドとなったが、球速は90キロをマークした。本格的な野球経験こそないが、TBS系「筋肉番付」で披露していたずば抜けた運動神経は健在。ファンから大きな拍手を送られ、爽やかな笑顔を浮かべていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月13日のニュース