西武・栗山 2000試合出場「サポートしてくれた方々に感謝したい」

[ 2021年6月13日 05:30 ]

交流戦   西武7―3中日 ( 2021年6月12日    メットライフ )

<西・中>通算2000試合出場を達成し、ボードを掲げる栗山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 プロ20年目の西武・栗山が史上52人目の2000試合出場を達成。誇らしげに記念ボードを掲げ「実感はあまりないんですけど、サポートしてくれた方々に感謝したい」と周囲への思いを口にした。

 5回に左翼線二塁打を放ち、通算2000安打までは残り36本。既に射程圏の数字だが、ストイックなベテランは「やっぱり2000試合より先に2000本打ちたいなと思っていた。バットと生きている人間としては悔しい」と率直な思いをにじませた。交流戦通算311安打は同学年の今江(元楽天)に並ぶ歴代2位に浮上。「単独2位になれるように、明日1本打ちたいです」。快挙の余韻に浸ることなく、37歳は次の1本を求めていく。(花里 雄太)

 ≪史上52人目≫栗山が12日の中日戦で通算2000試合出場を達成した。プロ野球52人目、チームでは伊東勤の2379試合に次ぎ2人目。初出場は04年9月24日の近鉄戦。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース