ノンストップ中野 阪神ドラ6がリーグ単独トップの13盗塁 マルテの適時打で先制のホーム踏む

[ 2021年6月13日 13:51 ]

交流戦   楽天ー阪神 ( 2021年6月13日    楽天生命パーク )

<楽・神(3)>3回2死一塁から二盗する阪神・中野 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 阪神はドラフト6位・中野の足から先制した。

 3回2死走者なしで中野は早川から左前打。チーム初安打で出塁すると、続くマルテへの初球から積極的にスタートし、リーグ単独トップに立つ今季13個目の盗塁を成功。その後のマルテの左前適時打で先制のホームを踏んだ。

 前日12日の楽天戦ではプロ初の盗塁失敗を記録も、失敗を恐れない若虎が走攻守にアピールを続けている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月13日のニュース